無課金おすすめデッキ(ヒストリック:イゼットフェニックス)

説明

こちらの記事では、
・MTGアリーナを始めたばかりで、何のデッキを組めば良いか分からない…
・無課金でも実績を出せるような強デッキが組みたい!
上記のような希望がある方にオススメのデッキをご紹介します。
今回は、ヒストリックで活躍している【イゼットフェニックス】の紹介です。

トップのデッキリストでも必須の神話レアは《弧光のフェニックス》の4枚のみ、レアは《信仰無き物あさり》を除いた17枚は全てレア土地のため、コモン2色土地や基本土地等での一時的な代用は可能なデッキとなっております。

ワイルドカードが足りない時の代替カードも紹介しているので、是非参考にしてみてください!

【イゼットフェニックス】というデッキについて

今回紹介する【イゼットフェニックス】の回し方については、下記の記事で紹介をしていますので併せてご確認くださいませ。

デッキリスト

上記の記事のデッキリストはサイドボード込みのデッキリストのため、メインデッキのみの【イゼットフェニックス】デッキをこちらでも紹介します。

10/23に開催された「Red Bull Untapped 2021 Japan Country Stop」にて5位の実績を残した【イゼットフェニックス】のメインデッキです。

2本先取のBO3でプレイをする場合は「15枚のサイドボード」が必要になるのですが、サイドボードは環境の変化によって大きく変化するため、資産が少ないときにサイドボードのカードまで集めることは推奨しません。サイドボードを組むよりも、2つ目のデッキを組むことを優先しましょう!

※BO1・BO3については下記の記事をご参照ください。

デッキ
4 ドラゴンの怒りの媒介者 (MH2) 121
2 スプライトのドラゴン (IKO) 211
4 弧光のフェニックス (GRN) 91
1 棘平原の危険 (ZNR) 166
4 選択 (STA) 19
4 考慮 (MID) 44
4 邪悪な熱気 (MH2) 145
2 稲妻の斧 (JMP) 341
4 信仰無き物あさり (STA) 38
4 表現の反復 (STX) 186
1 約束の終焉 (WAR) 127
1 島 (MID) 381
2 山 (MID) 383
1 寓話の小道 (M21) 246
4 尖塔断の運河 (KLR) 286
4 河川滑りの小道 (ZNR) 264
3 硫黄の滝 (DAR) 247
4 蒸気孔 (GRN) 257
3 弾けるドレイク (GRN) 163
1 アゴナスの雄牛 (THB) 147
1 神秘の論争 (ELD) 58
1 厚かましい借り手 (ELD) 39
1 バグベアの居住地 (AFR) 254

優先順位と代替カード(コモン、アンコモン限定)について

こちらの記事のメインコンテンツになります。

今回紹介す【イゼットフェニックス】は2色デッキのため、レア土地の必要枚数が多いことがハードルとなります。しかしながら、その他カードの多くはコモン/アンコモンで代用をすることも可能な構成のため、無課金でも組むことをおすすめできるデッキとなっております。

優先順位は各レアリティ上から順になっております!
冒頭での説明の通り、必須の神話レアは《弧光のフェニックス》の4枚のみ、レアは《信仰無き物あさり》を除いた17枚は全てレア土地のため、コモン2色土地や基本土地等での一時的な代用は可能なデッキとなっております。

それでは下記にて、デッキを組む際のカード作成の優先順位と代替カードの紹介をします。是非参考にして【イゼットフェニックス】デッキを作成してみてください!

神話レア(7枚)

カード名称必要枚数代替カード
弧光のフェニックス4枚下記の枚数を増やすことで一部代用は可能
・スプライトのドラゴン
・弾けるドレイク

しかしながら、デッキの根幹となるカードのため、優先的に作成しましょう。
アゴナスの雄牛
約束の終焉
厚かましい借り手
1枚/1枚/1枚必須ではない
・稲妻の斧
・神秘の論争
・削剥
等のカードを投入しましょう。

レア(21枚)

カード名称必要枚数代替カード
信仰無き物あさり4信仰無き回収
尖塔断の運河4島 or 山 or 青赤タップインランド
蒸気孔4島 or 山 or 青赤タップインランド
硫黄の滝4島 or 山 or 青赤タップインランド
寓話の小道1必須ではない
島 or 山 or 青赤タップインランド
バグベアの居住地1必須ではない
島 or 山 or 青赤タップインランド

優先順位は各レアリティ上から順になっており、必須の神話レアは《弧光のフェニックス》を4枚のみ、レアは《信仰無き物あさり》を除いた17枚は全てレア土地のため、コモン2色土地や基本土地等での一時的な代用は可能なデッキとなっております。

アンコモン/コモンの必要カード枚数は多いものの、神話レア/レアのワイルドカードと比較すると圧倒的に集まりやすいため、手に入れたワイルドカードで優先的に作成していきましょう!

カテゴリ一覧

Author: MTG大好きチーム

MTGArena攻略wikiを運営してますMTG大好きチームです。 複数人のMTG大好きメンバーの集まりです。 最近の流行りはオンラインでのEDH対戦。

コメントを残す

このサイトは有志によって運営されております。
運営のやる気がでますので、是非お気軽にコメント下さい。名前は入力しない場合「匿名」と表示されます。